09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

嬉しい連絡がありました。 

昨日の練習で太ももがパンパンです。
練習場所までの行きと帰りを走り、
10ゲームのゲーム練習。
ゲーム間では筋トレ。。。

ちょいとやりすぎかもしれませんが、
今日も練習に行きます。

そしてうれしい連絡が今朝ありました。
こちらの友人からシングルスの試合があるので
でませんか?という情報をいただきました。

やったっ!!
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

うれしい報告をいただきました。

地元で指導をしていた教え子に関しての連絡でした。

私が地元の教え子達に指導始めたのが昨年の8月。
運動音痴のりょうたろうの事です。

バドミントン関係の知り合いの方からのメールで
中体連の予選でりょうたろうの中学が県大会へ進んだという連絡でした。

りょうたろうはほぼシングルスの試合に出て、
多分勝ち星を重ねたのでしょう。
りょうたろうが通う学校はどちらかといえば弱小校。

その予選で優勝、準優勝した学校の選手達とのレベル差はかなりのものです。

よくわかりませんがこれまで県大会には行ってなかったんじゃないかな?

その父兄いわくりょうたろうの成長は目覚しいものがあると言ってくれてました。

この連絡を受けてすぐにりょうたろうへメール。

その返信のメールで・・・
「僕は、まず試合に入る前に、
コーチに練習の時に言われたことを
思い出し、
 そして意識しながら試合をしました。
 特に意識したことは、落ち着いて
リラックスをするということです。

 試合は、21点3ゲームでした。
 きつかったけれど県大会に行きたいと
思い一生懸命がんばりました。
 一位は、K校、二位は、A校でした。
 
 K校のI君と対戦して負けたけれど
その敗けから、次につながる練習を
していきたいとその時思いました。」

という内容です。
りょうたろうが県大会に行きたいという気持ちを持ったことにまず驚きを感じました。

それができる自信というものが生まれてきていたのでしょう。

団体戦でしたので自分が勝たないとというプレッシャーもある中、がんばったようです。

K校のIは県でも上位に位置する選手です。

何点取れたかは報告ありませんが多分一桁の点数でしょう。

でもその中から「次につなげる練習をする」という言葉が出てくること。

これがうれしいです。

「あのりょうたろうが・・・」という思いが強く、よく成長してくれてます。

そして試合にはいる前に私に練習で言われたことを思い出して試合にはいった。。。

これもまたうれしい言葉です。

実力がついてくるとその人が変わります。
その人が変われば周りの人たちも変わってきます。

レベルがひとつ上がればまた勝つことが難しくなり、今まで以上の努力とそれを続ける継続力が必要になってきますね。

ヘタクソでも良い。
自分と戦って負けない勇気が大切です。

これからもがんばってもらいます。

ご連絡メールをいただいたKママさん。
本当に感謝しています。

ありがとうございました。

Posted on 2014/12/24 Wed. 12:09 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。