05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

タイミング 

昨日指導から自宅に戻ると奥さんから報告ありました。
奥さんの練習場所で
「ご主人優勝おめでとう」
と言われたそうな。

どうも毎日新聞に出ていたらしいです。

そして娘も学校でバドミントン関係のお友達が
結果を知っていたと言ってました。


なんだか気恥ずかしいですね。
§
§
§

指導日記です。

8月から始めた指導が早くも4カ月が過ぎました。

最初は子供達の「気持ちがどこにあるのか?」を探る意味もあるし、
いきなり『本気』の指導を全面的に出すと付いて来れないだろうという風に思って
指導方法を変えていました。

当初より半年たったら変化をつけるつもりでいましたが、
その前に少し刺激のあることを入れようと思いつきました。


日頃の技術の伝え方はあまり昔と変わりません。
指導している体育館は端っこにソファーが置いてあり、
練習中はいつもそのソファーに座ったまま大きな声で技術を伝えます。
師匠塾で覚えた基本スタイルは変えていません。

基本ノッカーもデモンストレーションも子供がする。
これが基礎練習の一つの手段です。

でもたまに私がデモンストレーションしたり、
デモンストレーションは子供にさせて
そのノッカー約(基本手ノックです。)を私がしたり。

この4か月間。
ラケット使いを初め基礎の部分をメインに指導してきました。
ラケットヘッド、左手、蹴り足、反応、タッチ速度。。。


先週木曜日。
試験休み開けの一発目の練習でした。

一週間以上練習を見ていないという機会はそうそうないので、
これは良いタイミングだと思い
ネット打ちが終わるまで全く何も言わずに練習を見ていました。

それはこの4か月間私が指導してきたことが
何も言わずにどこまで出来るのか?を知りたかったのです。

各自普段の練習で私の言う細かい内容を強く意識して練習していれば、
一週間くらい練習していなくても試験休み前の動作が出来るはずです。


私の指導していることがどれだけ伝えられているのでしょうか?



それと練習時間の問題。
11月初めの練習で、あるメニュー迄を19:45までに終わるようにしてほしいと伝えました。
その方法はみんなで考えて、いろいろ試して12月からはそれを実現すること。

時間の使い方については私が指導を始めた最初に話してます。
基礎をある程度身に付くようになるのは大体3年はかかる。
みんなの学年考えたら高校生になっていて大学をどうするかという時期。

子供時代はあまり時間の事を意識していないようだけど本当は残り時間は少ない。
集中し、みんなが工夫して練習時間を確保しないと
中途半端に終わってしまうぞと伝えていました。


師匠塾では練習している子供達全員きびきびした行動をしていて、
練習時間をなるべく多くするように考えて行動しています。
私が教えている子達もそうあって欲しいし、早くそうなってほしいと思っています。

でも以前の私のように頭ごなしで「あーしろ、こーしろ、考えろっ!!」と
上から言うだけではやらされているだけで身についてはいないと思います。

なのでこの時間については少し妥協をしてきた部分です。


子供達も私が何も言わないことが非常に気になっている様子で
チラチラっと私の方を見ます。


我関せず。。。



区切りにした練習メニューが終わった段階で20時過ぎていました。
求めていた時間より15分以上の時間オーバーで
しかも試験休み前よりも時間かかってしまってます。

そこで一旦練習を中断。
みんなを集めてミーティングを実施しました。

なぜ私がこの日何も言わずに練習をずっと見ていたか?

それは私の指導力はどれほどのものか?
伝えていた内容がどれくらい伝わっているのか?
を見る為に何も言わなかったと伝えました。

別に怒りを面に出して話をしていたわけではありません。
なんだか世間話でもするような雰囲気で話始めました。


時間を気にしていたのはリョウ一人。
それも自分だけが気にするだけで他のメンバーに伝えることはしない。
各自時間短縮の方法を考えていたわけでもない。
だから話し合ってもいない。
ヒトミは他の中学生に付いて行っているだけ、
自分で考えての行動はほとんどしていなく人任せ。

この日の練習がタイムリミットで次回の練習は12月となり
私が望んでいた時間内に終わらせないといけない。


それに加えユイとマイ二人には
合同練習の返事もくれない。
試合の結果も連絡無し。


今までの伝え方では子供達の中に、なかなか入っていかないようですね。


試験休みがあったから試験は良い点数取れた?
練習休んだから良い点が取れるということはほとんどないんじゃない?
少し譲って少し良い点が取れたとしても一か月もして同じ問題をしたとしたら点数は悪くなるはず。

それは本当に勉強したと言える?

例えば一番の初心者ヒトミが試合前の一週間死にもの狂いで
一日8時間もの時間をかけてバドの練習したからと言って試合に勝てるか?
勝つどころか身体に疲れが残って実力を出すことは遠く及ばない事はわかるよね?

という事は勉強もバドミントンも普段からコツコツ積み上げていかなければ
真の実力はつかない事はわかるよね?

普段何度も私が口にしていることがどれだけ今日できた?
出来ていたのは10のうち2とか3だろ?
君たちが好きなバドでさえそうなんだ。


普段の練習でどれだけ集中し、緊張してコーチの言う事を聞いているか?
これが試合の勝利につながるんじゃないかな?
普段の授業でどれだけ集中し、緊張して先生の言う事を聞いているか?
これが試験の点数になって出てくる。

俺もそうだけどみんな人間なんだから
眠い時もあるだろうし集中できないこともある。
でもそこを訓練して出来るようにしていく必要があるんじゃないかな?

要は自分をコントロールするという事だね。

バドの練習でも同じと思わない?
キツイ練習でもコーチが言えばするし言わなければしない。
コーチがいなくても自分で自分に課題を与えてそれを乗り越えようという気持ちを持つ。
これが大事なんだと思う。

今できなくてもいつかできるようになれば良いと俺は思うよ。


私自身の事も話ました。

学生の間一度として勉強ができたことは無い。
多分ここにいる誰よりも勉強はできなかったはず。

兎に角何のために勉強しているかがわからず退屈で退屈で仕方がなかった。
そこをコントロールすることから逃げて俺は大人になり
会社に勤めるようになってから非常に苦労をしたよ。

今出来る事であれば後に回すことをせず今しておこう。
それが君たちが成長していくうえで非常に重要な事になるんだよ。

それと、試合の結果は教えている俺からするとものすごく気になる事。
へこんでないか? 傷ついていないか?
俺がサイドに付けなかったことで
負けてしまったゲームがあったかもしれない・・・・

合同練習でも返事もしない。

俺は気持ちを持って君たちに接している。
だから気持ちで返して欲しい。

まわりの人に対しての気遣いは絶対に必要だよ。
お父さん、お母さんでも!

学校に行かせてもらい、
黙っていてもごはんが出てくる。
いつの間にかお風呂が沸いて、いつも清潔な服が着れる。

こういったものは全てしてもらっている事。
してもらう事が当たり前じゃない。

義務教育の間は勉強が主体であることは絶対的な事。
だけれどもスポーツで得られる経験や知識は
学校で教わらないこともあって生活にはとても大事なことがたくさんある。

だったら勉強も頑張り良い成績を残す。
尚且つバドミントンも気持ちを入れて練習し少しでも良い成績を残す。

それらを支えてもらっているお父さん、お母さん達に感謝をして
自分に出来ることはすすんで手伝い、
今できなくても教えてもらって出来るようにする。


こんな話をしてみました。

一度に詰め込み過ぎかな?とも思いましたが
良いタイミングであったので少し多めに話をしました。

話している間みんなは良い表情していました。
緊張しているわけでもなく、面倒くさいと思っているわけでもなく。。。


基本みんな素直な子供なのです。
どう言う風に導いていくかで子供の将来は変わってくるのでしょう。

各家庭で生活基盤も価値観も違い、
性格や能力も様々な子供達です。

短気に物事を考えることも必要ですし、
長い目で見ていくことも必要です。


頭ではわかっていても
「伝えているつもり」
では行けませんね。

同じ方法で伝えても子供によって響かないこともある。

そこをどう工夫して指導をするのか?
頭悩ますところです。

Posted on 2013/12/03 Tue. 14:33 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。