09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

闘う 

今朝の空。
blog_20131202_072829.jpg


毎朝通勤時に空の様子を見ながら出勤します。
朝陽に染まる雲がとても綺麗なんです。

今朝は光の線が見えたのでその様子を残したくて携帯で撮りました。

光の線が写るか心配だったのですが
結構きれいに撮れました。
§
§
§

この光って地球上のあらゆるものに平等です。
地中や海中に生きる生き物も地上に生きる生き物も。。。

学の無い私の頭では恩恵を受けていないもをは思いつくことができません。


前回のブログ「自信というものに近づく」
たくさんの方が「いいね!」をしていただけました。
ありがとうございます。

お知り合いの方がほとんどだとは思いますが
知り合っていないけど「いいね!」をしてくれた人もいるかもしれないです。

なんだか力が湧きます。


今年の全小は山形県で行われます。
山形県って私にとっては結構特別な場所です。

今の状況、山形県によく出張をしていたあの頃とよく似ています。
なのでこの何日間かは以前の私を振り返り、
あの頃をよく思い出していました。

前職の会社のお客様でかなり親身になっていただいた方々のいる県。
今も周りの方々に支えられているのを常に感じることができていますが、
山形県のお客様とお仕事をさせていただいた時期は今と同じように支えられていました。

辛い時期ではありましたが山形県に出張するときはとても楽しかった。

『私を必要としてくれている』という事が
ありありとわかるいろいろなお言葉や行動をいただき
あまり良い思い出のある会社ではありませんが
その時間の中で最高の良い思い出のあるお客様と場所です。

ご存じの通り寒い土地ですが
あれほど『人』の温かさを感じたことはありませんでした。


前職の会社に入社した時は仕事も家庭も良く
人生というものに自信を持って歩いていました。

いろいろな事があり、全てのマイナスな事が全部自分の力不足だと決めつけ
どんどん自信のない自分を自分で作っていったような気がします。

少し人のせいにしてもいいんじゃなかったのかな?と
今振り返ると思います。

人は全知全能ではあり得ませんので
足りないところはそれに長けた人の力を借りて
自分の歩みを一歩前に進ませるのでしょう。



おのろけ・・・・ですが。。。(恥)


私と奥さんはその典型かもしれないです。
他のご家庭もそうなのかもしれません。

私は結構思いつきで行動します。
リスクも考えますがその先にある『希望』に目が行き過ぎてしまい
見切り発車して突っ走るタイプかな?

一方奥さんはというと

石の橋を
 藁で出来ているんとちがう?
 泥かも?

とか様子をうかがって
十分な強度があるにも関わらずその石の橋を叩いて
自分で叩き壊してしまうような慎重な行動をする女性です。(爆)

ちょいと怖がりな部分強いので
チャンスを逃す典型的なタイプなのかもしれません。

この二人が夫婦をやると、もやもやしたり、腹立ったり、イライラしたり。。。
そんなことお互いしばしばあるのですが
冷静に考えると『これでよい。ちょうどいいのかも』と思います。

まだまだ結婚して16年ですし娘も来年でようやく中学生。
いろんなことがこれからあるでしょうが支え合って行けるでしょう。

でも夫婦でも力不足の所があったり、
夫婦とはいえやっぱり「個人」というものがあって
各々に悩むこと、落ち込むことたくさんあります。

それは周りの方々の力をお借りして前に進んでいます。


前職の会社に入社した時は気持ち的に『特上』。
それからどんどん下降をはじめて
退職時には「地下」に入り込んでしまいました。
病院には行っていませんが
診察受けたら多分「鬱」と診断されたかもしれませんね。

そう診断され「何もかもを鬱のせいにしたくない」という自分もいました。
やっぱり負けず嫌いです。(笑)


その時期を支えてくれたのは紛れもなく家族です。


そこを乗り越えたからバドミントンを再開することになり、
普通のプレーヤーからきっかけをつかんでジュニアの設立をして
指導者の道を歩きはじめました。

そこでもかなりの痛み味わいましたが
『地下』を経験している分「あそこには絶対いかんぞ!!!」という気持ちを持てました。

この時期にも家族はもちろんの事
師匠、N監督、リコさん、みゃーこさん、現場監督さんなどなど。。。。
たくさんの人のお力お借りし乗り越えることができました。

それからも自分がプレーヤーであり続ける為に
出来る限りの事をしてきたかどうかは微妙な部分ありますがやっていたつもりです。

でも勝てない、つながらない。。。
本来の土俵に上がったら試合になりゃしない!!

こんな自分が指導をする資格なんて持っていないとまた下降。


まぁ困った人間ですね。(笑)
上がったり下がったりと忙しいったらありゃしませんよ。(爆)


そこでまた応援いただき、また再認識。
思い直して頑張ろうと。。。。



そして前回のブログのような「自信」に近づいたかもしれないのですが
今週土曜日に土俵へ上がることになっていて、
今のこの気持ちが根元から「ボッキリ」折られるかもしれないと
ドキドキしている自分がいます。

この「土俵」は今朝みた光と同じで
みんなに平等に与えられた物です。


マジで!!
結果を出すのが怖いのですけど
平等に与えられた場所に自分が出なければ
光は射してくれないんです。


あ~~~~~
キンチョーしてきた。


やっぱ基本気の小さな男なんですよ。(泣)


バドミントンなんてたかが趣味の話。
何もそこまで考えなくても・・・

と思われる方はいるでしょう。
でも覚悟して目指すところを決めて
それに向かって歩いている。
そして気の短い私はそう思っちゃうのです。


今まで努力から逃げて来た人間です。
いざ結果が出る場所に向かうとなると
非常に恐怖心が出てきてしまうんです。


努力されてこられたみなさんは
幾度となくこういった場面に出て行き『闘って』きたのですね。


いやぁ~
すげぇや。。。。


自分と闘ってます。

Posted on 2013/12/02 Mon. 13:55 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。