03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

はじめてづくしの大会 

もうすぐ12月です。

今のお客様とのお仕事は12月20日で終わります。
このことをお話しするといろいろな方が心配してくれ
温かいお言葉をかけて頂いたり
実際に私の為に動いてくれた方もいます。

ジュニア辞任の時。
シングルスの練習成果が出ずに落ち込んでいた時。
たくさんの人に支えられました。

人との絆は非常に温かく大切なものです。

そしていつも感謝を忘れずに誠心誠意生きて行こうと思います。
§
§
§

皆様のご厚意に甘えてばかりではいられるはずもなく、
自分自身から挑戦していくような仕事を考えないといけないと思ってます。

無い頭ひねってテレビ見ててもネットしててもメルマガ見ても・・・
常にそのことが頭のほとんどを占めています。



さて、先週土曜日は私の試合でした。
前回の記事にも書きましたが年齢+クラス別。
私は40代のBクラスにエントリーしました。

会場までは1時間半掛かりますので朝6時半に自宅を出発して会場には8時に到着。
開場時間まで本読んで過ごしました。

体育館が開く時間に入口へ。
その時点で「なんだか集まっている人数少ない。。。」とは思いましたが
まぁ徐々に集まるのだろうとあまり深く考えていませんでした。

開場し観客席へ荷物を持って行って受付。
対戦表の自分の所を見ると・・・・



え?・・・



エントリー人数三人。。。。


し・・・・
しかも・・・・・
トーナメント戦。



ついでに。。。。
私はシード。





その日、私のいっちゃん最初の試合が人生で初めての『決勝戦』です。(汗)
(いいのか?)




んでよくよく見てみると全体のエントリー数がかなり少ない。
この大会は体育館を二日間借りての開催です。
それなのにこの人数は。。。。

先日行ったジュニアの合宿の人数よりも少ない人数でした。
完全に赤字?


ま。。。
どういったことにしろやる事は一緒。
ラリー!ラリー!
難しい事をしようとはせずきちんと相手コートに返すこと。


少し早めにアップを開始。
ストレッチを約20分。
ジョグ+ダッシュで15~20分。
ステップ練習を10分

何かの資料かどこかのサイトで見たんですが、
アップで心拍数を上げた後、その効果が出始めるのはそれから30分くらい時間かかるとか?
だからアップしてすぐに試合に入るというのはアップが不十分という事になる?
今度よく調べてみます。

この日のアップ時間考えてみると全体で大体1時間はアップする時間が必要。
今まであまり意識してなかった事です。

子供達は体温高いからもう少し短くていいのかもしれませんが、
少し考慮する必要あるかもしれませんね。


ステップ練習後、じっっっとりと汗をかいたので着替えて観客席でゆっくりしていると
エントリーしたクラスの一回戦(準決勝っス。。。)がコール。
そしてその試合の審判に私が呼ばれました。




この試合の勝者と決勝か。。。
と思いながらどんなプレーするかしっかりと見学。

この試合見ながら
 ミス多いなぁ~
 そこで無理して早い球打っても・・・ほらっ!!対応できねぇじゃん。
 ラウンド側は肘から入れてないから生きた球打ててないね。。。
などなど。。。

そう苦しそうな相手でもないけど、
こうやって思っていて実際に対戦が始まると『こんなはずはない。。。』とか
前半は「これなら勝てる」とか考えて負け続けてきた私です。

油断は禁物というか自分のプレーをしっかりと最後まですること。
これが大事だと思い直していました。

そんな事を考えながらの審判していたら
どうもミスジャッジしたらしい。。。。


こらどうも!
スンマセン。m(_ .)m



でもさ?
線審いないのわかってる事だしい
主審がミスジャッジするくらいきわどい球であれば・・・・



打ったらいかがでしょう!?



運よくアウトになっただけなんじゃ?
ほんとにきちんとジャッジしてアウト?
「アウトになってくれれば・・・・」って言う気持ちなかった?
どう?


大体さ。。。
そんなに神経質だったら線審つれてこぉ~~~~~い!!!

しかもそれほど競った試合じゃないし。。。。(汗)


ま・・・・いいです。
ミスジャッジはいけませんので素直に反省しています。。。。


でも自分に置き換えるとギリギリの競った展開の試合であればあるほど
ミスジャッジがあるという前提でプレーしておかないといけないですね。


その後、A級の40代に出ているらしい人に声をかけて基礎打ち。
少しして私の人生で初の決勝戦がコールされました。

対戦相手のプレーは審判しながら見ていたので弱い所は大体つかめてるし
スピードもそれほどない。

水曜日練習のチャンプみたいにいやらしい(笑)ネットギリギリのドロップとか
かと思いきやタイミングずらしてめちゃくちゃ早いドリブンクリアだとか
そういうのもなさそうなので結構緊張せずにコートに入れました。

この体育館は全日本シニアの予選で使われます。
『言い訳』ですがエアコン入るとかなり難しい体育館だと思います。
この日はそれほど気温が低くはなかったのですが暖房が入っているとの事。

来年の全日本シニア予選までに出来るだけこの体育館で
試合をしておきたいと思ってます。

そういう意味でも私にとってはとても意味のある試合でした。


1ゲーム目はラウンドに早い球打っておけば
甘い球を返すかミスをしてくれているので14点で取りました。


2ゲーム目はその私が打つラウンド側のショットに対応してきて
鋭いクロスカットに対し私がミスしたり、
ちょいと我慢できずに早く決め球を打ちすぎたりして競った試合となりました。


それでも・・・・
気持ち的には余裕に近い物があったんですね。。。
フルセットまで行く?と考えても不思議と焦りはしませんでした。

結果19点で勝ち。


シングルスの練習を開始し始めて2年が過ぎました。

はじめての決勝。
はじめての表彰。

そしてバドミントン人生で初めての優勝。


本来は小学生、中学生、高校生、20代、30代の
元気いっぱいの若者達と闘っていかなければなりません。
なので手放しでは喜ぶことできませんし、
A級の資格を持ったという風にはどうしても思う事はできません。

ですがとりあえず40歳代のB級は卒業と思っていいのかな?と思ってます。

素直に喜びを感じていました。


最近は調子が良いです。
痛みがひどかった肘もプレーするときのテーピングと練習後のアイシング、マッサージにより
完治に近い状態です。

なのでインパクト時に「なるべく小さく」「思いっきりひっぱたく」ことが
以前よりもうまく出来ていると思います。

最近のクリアーはすこし早いんではないかな?



先日の家族練習で30代A級にシングルスの相手してもらいました。
最近はよくて16点や17点、悪くても14点という試合を繰り返しています。

まだ自分では『自信』というものを持って良いのか
期待感はあるのですが疑心暗鬼(?)という状況です。

でも先日は向こうのアップ不足とはいえ19点で初めて勝ちました。
(もちろんシングルス)


その後ももう一試合したんですが
負けはしたものの19点でした。

来月には地元のクラス別の試合があります。
それには年齢が関係ないクラス別ですので本来の土俵となります。

それでどれ程の試合が出来るのか?

楽しみになってきました。

Posted on 2013/11/28 Thu. 13:33 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 1

28

コメント

やったーやったー 

勝てる時には、勝つ!

取りこぼしは、ゆるされまへんでぇ~♪

って、ことで、、、おめでとうございます。


11月のはじめにお会いした時、良い感じでトレーニングできてるなぁ~・・・
と、感心していました。
これからも、怪我しないように、精進お続けください。

URL | ほんだ #Ioxot/fI | 2013/11/29 10:09 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。