06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

合宿 

合宿。

自宅より高速使わずに現地へ。
合宿の会場である体育館は高地にあります。
気温は低いだろうとは予想していましたが
予想以上・・・・

さぶっ

ダウンのコートいるか?
というくらいに気温低かったです。
§
§
§


私たちが到着すると、すでに準備が整っていました。
体育館に入ると一番のりのルカ。
私の教え子二人の事をルカに紹介。

「師匠塾系列の指導をしてるから・・・
 それでもまだまだ甘い所あるから教えてあげて。。。」


白兎さん所の選手がすぐに挨拶に来てくれます。
次に水曜日一緒に練習しているKのクラブ。


しっかりしてますね。


前回同様各クラブ毎にアップ開始。
ユキ、ルカに任せてれば勝手に自で考え、
しっかりとアップしてくれます。
指示は全く必要無し。


ユキとルカのお母さんが雑用をしてくれます。
お弁当や参加費等のお金の計算。
氷などの買い出し。

助かりました。
ありがとうございます。


地元クラブの指導者。
御嬢さんが全国2位。

遅くなりましたがお祝いを伝えました。
御嬢さんの顔お母さんに極似ですね。(笑)


午前中はヘアピンやらスマッシュ無しのシングルスなどなど。

途中、途中気になった所をアドバイス。


師匠の教え子達。
声出ししっかりしてました。
他のクラブの子達ほぼ声出ません。

ここは師匠的にOK。

声出さないみんなも声出せる雰囲気作れれば満点です。
しかし、午後からのノック練習時には徐々にその輪が広がり
他の中学生達も声出し始めました。

この子達すごいっ!!

声だしの意味しっかり理解している証拠。
キツイ練習ほど声出さないと身体が悲鳴あげます。

私の教え子二人は声だせません。
私がまだ教えてないからです。

もう少し我慢。
幸いこの二人のクラブの代表はほとんど口出しせずに
私に任せてもらってます。

二人も素直に私の練習中に出すアドバイスを実施してくれるので
これからは少し多めにINDY色を色濃く出していくつもりです。


お昼過ぎ。
ユカ到着。
爆睡していた模様。(爆)
次いでリノ到着して全員集合。

私のノック。
中学生ダブルス組。

それが終わってノッカー交代。
私は休憩。

疲れた。。。。。
今日はこれでおしまいっ!!



と思ってたら?


ママコーチから低学年中心の指導を拝命。



はい。。。。
りょうかいです。


この中には師匠の教え子レンがいます。
中学生の時と同じく体幹トレーニングを待機時間にやらせながら手ノック。
反応速度を最大の課題として指導開始。


1日目終了。
長い一日でした。。。。(汗)


この日は懇親会がありました。
水曜日私のシングルス練習場所に来ているKのお父さん。
フレフレパパさんなどなどと一緒に
高校生の後輩二人も参加。

21時半頃だったでしょうか?
明日の合宿、そして夜の師匠塾の事考えたら
早く寝たくてお先に失礼させてもらいました。


翌日朝。
5時前起床。

タバコを吸いに外へ出ると
気温の低さに驚きました。

しかも深い霧。
まだ陽もあがってなく真っ暗ななかオレンジ色の街灯が
霧でぼやけて綺麗です。

部屋に戻り夜が明けるまで読書。

6時過ぎ。
子供達が起きたようで隣の部屋から物音。

陽が上がり始めた霧深い風景。
幻想的でした。
20131027_063311_01.jpg



長い一日になります!!
凛とした冷たい空気を体に感じ
気合を入れたINDYです。

Posted on 2013/10/29 Tue. 10:06 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/67-d8bd9a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。