03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

不思議な選手 

本。
獣の奏者最終巻外伝『刹那』

もう少しで終わってしまいます。

このところ、これまで以上に読書が良い感じ。
時間さえあれば読む時間に充ててます。

業務休憩は10分しかないのですがその時間も本読んでます。

そしたら「本読んでるんですか!? 本読む人って頭いい人だよね!!」
と言われました。


そういえば私もそういうイメージがありました。


でもですね。。。


私が読んでいるのは娯楽小説。
漫画みたいなもんです。。。(泣)


頭いい=本読む


関係ないと思います。。。

随筆や歴史小説などは勉強してるって感じしますよね。

§
§
§

このところの私が読む冊数を考えると新品ではなかなか買えない。
中古本でも半額くらい。
100円ってのもありますけど好みのものがなかなか無い。

ネットで1円ちゅーのもありますけど
やっぱり好みの物が無かったり、送料の事考えると・・・・

先日の指導者講習会。
阿部先生がご推薦された北方謙三さんの『史記 武帝記』。
これって全7巻なんです。

1冊630円ですから7巻買うと4,410円。
(ラケット折れた今の我が家には無理。。。)
中古探したんですがなかなか同じショップで全巻そろわない。
同じショップでないと送料がその分かかります。
なので図書館で借りることにしました。
とりあえず5巻まであったので全部借りてます。

本来は本嫌いの私が読めるような本なんでしょうか?



さて、先週の土日は子供の合宿引率でした。
私が指導を始めたころからいろんなことでお世話になっている白兎さん。
その白兎さんが主催の合宿です。

白兎さん直々にお電話でお誘いを受けましたが
娘は師匠に全面的にお願いしちゃっていますので師匠にまずは相談。
師匠の教え子と私が指導している中2女子二人が参加となりました。


この会場は以前にも来たことがあります。
やはりその時もやっぱり白兎さん主催の合宿。

前回は私が右の足首を怪我してその怪我が治った直後ぐらいでしたね。


1日目はノックや基礎技術の練習中心で2日目は全日試合練習。


良く把握はしていませんが福岡・熊本・佐賀などから小~中学生約70名。
面数は10面です。


1日目ノックのお手伝いをさせてもらいました。
日頃は手ノック中心の練習しかしてないし球出しも子供にさせています。
よって私自身のノック技術ってのは・・・・・・


マズイ。。。


でもまーやるしかありません。



私が担当したコートはダブルス。
男女5ペアの中に師匠の教え子二人もいます。


普段ノックしていない中長時間のノック。
なのでかなりお疲れモードに突入。
でも子供達が頑張っているので手を抜くわけには行きませんよね。
頑張り通しました。


10人もコートにいるとノック待ちの子供らには必ずおしゃべり始まります。
これが気に入らない私。


うーーーん。。。。
よし。
体幹トレーニングさせよう!!

ちょうど一番端っこのコートでしたので十分スペースあります。
しかも師匠の教え子二人がいるのでその二人に

「体幹トレーニングのあれとあれ教えてやってみんなでして」

この一言を伝えると

「みんな集まってぇー
 今からするけん見とってー!」

と言って初めてくれました

師匠!!
楽ッス!!!

いう事無しっ
助かりました!!

こういう選手になれるってのはなかなかいない。
すべきことをしっかりと理解し、誰がやらんでも自分はする!!

そしてその流れに自然と抵抗なく周りの人間を巻き込んでしまう。
人を引っ張っていく力です。

そういう選手は得をします。


70名からの人数集まっているといろいろな選手がいます。
意識のあるものないもの。
向上心のあるものないもの。
積極的、消極的。


いろいろいる中でも目が行く選手がいました。
別に飛びぬけて強いわけでもないし、
ビジュアル抜群ってわけでもないし、
身長がバリバリ高いとか低いとかでもなし。


何でしょうね?
私でもよくわかりません。

他の指導者の方々はどう見えたかはわかりませんが、
ノックをしてても気付くと他の子よりもその子を注意深く見てしまう。

2日目の試合練習でも動きを追ってしまいます。
あそここうしたらいい、そこ修正するとだいぶ違う。
と独り言。

不思議ですね。


向こうからアドバイスを聞きに来ることもありましたが、
私が呼び止めてアドバイスをさせてもらいました。

そしてそのこはしっかりとそれを実行しようとする。
嬉しいですね!

この子は強くなるんじゃないかな?


頑張って欲しいです。


家の娘もしかり、私の教え子もしかり。。。
師匠塾で一緒に練習しているみんなも同じ。

指導者が笑顔で話かけたくなる、
手を出したくなるような選手になってほしいです。

バドミントンをしなくなったとしても
こういう雰囲気を持った人は特をしますね。

Posted on 2013/10/28 Mon. 13:16 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/66-7a462f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。