03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

指導者講習【1日目】 

さっみぃー!!

昨日からの気温低下大変です。

大体寒いのは大の苦手です。

なので今日からヒートテックです。(泣)
§
§
§

指導者講習会の前日。
所属クラブの練習でした。
この日は三連休という事もあり人数多め。

転勤で関東方面に行った方々や
確か春くらいにクラブに入会するつもり(と思われる)で練習に来ていた
B級女性やらで3面の体育館で3人休み。
いつもは一人休みあるかないかくらいだったんですけどね。

涼しくなってバドミントンもしやすい季節になりました。

個人的にはあの蒸し暑い劣悪な環境でどれだけ頑張れたかが
冬の大会に成果として出てくると思っていますが。。。

帰宅後すぐに明日の準備。

車の片側だけ全部シートを倒し、
タオルケットで凸凹をなるべく平らにならして敷布団を引きました。

気温下がってきていましたので羽毛の掛布団と毛布を積み込み、
着替えなどの準備。

ワクワクしている自分がいました。


当日土曜日。
自宅を朝6:30少し前に出発。
良い天気でした。

最近変な夢をよく見ます。
家内と二人で車に乗っていて私が運転。
切り立った崖に挟まれた長い下り坂を走っています。
スピード出し過ぎでブレーキが効かず崖に車ごと登り
家内が車外に放り出される夢。

意識の無い家内の顔。
それを抱えて右往左往する私。

こんな夢とか実家が火事になる夢。

なのでここんところ運転は慎重にするようにしています。



天気も良いしゆっくりとした気持ちで高速や有料道路を使わず福岡市へ。

ヤフオクドーム、福岡タワー。
このあたりの街並みは綺麗で走っていても気持ちが良いです。

早めに行ったのはこの講習会の間車中泊する根城を探す為。
事前にGoogleのストリートビューで下調べ済み。
便利ですっ!

ヤフオクドームを真正面に見ながら左折。
街並み楽しみながら進み目星をつけていたコンビニに到着。

お?
おお?

いい感じ。


もうここしかないということですぐに会場へ。
駐車場にはもうすでに主催担当者の方がいらっしゃいました。

私はまだ時間があるので読書タイム。

開始時間が迫ってくると続々と登場。


受講者のみなさんは試合会場で見る方、
はじめて見る方いろいろです。

少し気になったのはジュニア関係の方が少ないですね。
既に資格をお持ちかもしれませんけど。。。

高校・大学とそれぞれの指導で難しい事あると思います。
ジュニア期は体の成長と神経の発達が著しくアンバランスな時期ですので
こういった講義の知識は持っておいた方が良いと思うのですが。。。



一日目は座学のみ。
バドミントンの歴史と指導論を少し。

講師の渡辺先生。
バドミントン関係の道具のコレクターらしい。
オールウッドラケットやすべてが金属のラケットはガットも金属製。(驚)
シャフトが金属でフレームが木製のラケット。

シャトルも古い物いろいろとお持ちでした。
RSRのシャトルって高級品だったんですねーーー
知りませんでした。

歴史って退屈かな?と思いましたが以外に面白く拝聴させていただき昼食。

昼食はこの会場の食堂。

なんと食堂の窓はオーシャンビュー!
贅沢な食堂でした。

午後からは歴史の続きと指導論。

指導論講師は阿部先生です。
相変わらずお元気そう。

情熱丸出しにしてお話しする姿は変わりありません。

73歳。
お元気でパワフル!!

ご本人は東京オリンピックは生きていられるか・・・・
と気弱な事おっしゃっていましたが多分本心ではないでしょうし
まず間違いなく毎日バドミントンの試合会場にいらっしゃるでしょう。(笑)

この日の指導論の講義。
私は通信教育も修了していますし、阿部先生の講義も3度目ですので復習のような感じでした。


17時少し過ぎて終了。
夕食をSJBC監督さんと済ませて『二晩だけの巣』に戻り一日終了。



私は以前より気になっていた事があります。
この講習会でも同じような話題が盛り込まれていました。


まずは指導者の今現在の待遇。
これは根が深いもので改善にはかなりの時間がかかるでしょう。

月額1,000円や1,500円で子供を預かり、
スポーツの指導だけでなく今から人が成長していく基礎部分を固める指導。
安すぎます。

体操競技、テニス、卓球。
設備や練習場所に費用がかかる部分で違いはありますが
これらの競技に比べると。。。


指導者の『覚悟』も違うのかもしれないですね。



会費の値段が安ければ底辺が広がるわけではないでしょう。
指導する者、それを統括する者、今現状のシステム、これからのシステム。
他にもいろいろな要因が複雑に絡まって今現状があるので非常に難しい問題です。

今の子供達が成長した時にはもう少し改善されていればよいなと思います。

でも少し安心しました。
バドミントン界の上役(?)の方でもこの部分を『課題』としているようですので。


もう一つ。

今、大堀彩選手や山口茜選手などなどジュニア世代の世界での活躍は素晴らしい。
でもこの活躍からオリンピックや世界大会を見ると・・・

ジュニアでは勝てるがその後が勝てない。

何処に原因があるのか私程度では解明できない領域です。

でも、ジュニアを指導している事の重要性はかなり重いのは確かな事ですし、
講習会で出たのはジュニアからその上へのつながりができていないと
おっしゃっていました。



2020年東京オリンピックの開催が決まり
これからどのようにスポーツ界が変わっていくのでしょう。

Posted on 2013/10/17 Thu. 15:39 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 2

17

コメント

>>>みゃーこさんへ 

私をはじめおじさん・おばさん・おじいさん・おばあさんが『趣味』でやられているのが現状ですよね。

多分今までのスポーツの有り方とこれからというか今現状のスポーツの有り方は
『違っていないといけないのだ』と思います。
と言っても国ぐるみで取り組むべき問題もありますから
なかなか進展するのは難しいのでしょう。

でも、指導をすればするほど
  子供達にどう指導するか?
  何を伝えなければならないのか?
などなど、本当に深い所まで考えていかないといけません。
塾には費用出すけどスポーツには。。。という気質は
なかなか抜けて行かないのでしょう。

スポーツにどれだけ気持ちを入れても
その競技でご飯食べていけるのはほんの一握りですよね。
国の代表となった人が家族を養えなくなるというのは悲しい流れです。


私も今はお客様をつかまえて収入には困っていませんが
12月中旬以降にはこの契約が終わります。
それ以降何も決まっていないし、決める動きも今現状は難しい。

となれば12月中旬から動き始めても受注できるのは運がよくて3か月後?
いや半年は絶対かかると思います。
そうなれば自分のプレーはおろか、指導なんてとてもできる状態ではなくなるでしょう。

指導を主な飯のタネにするつもりはないのですが、
少なからず指導という活動をしていくにはお金がかかります。
実費だけでも指導を受けている側からもらえればありがたいのですけれどね。。。

「俺はボランティアでしてるんだ!」というのは
「指導に責任は持っていない」と同じ意味に聞こえてしまうのです。

少なくとも私は人様のお子様の成長に係っているのだから、
指導者もそれなりの勉強をして自分を『高め続けるべき』だと思っています。

2020年の東京オリンピック時点ではまだ今とほとんど変わらないのでしょうね。
こういう動きは『日本人』動作が遅いので。。。


私も2020年は絶対見に行きたいと思ってます。
仕事が好転するよう頑張らんといかんですばいっ!!

URL | INDY #- | 2013/10/21 12:02 | edit

講習会! 

日本ではスポーツは学校教育(義務教育はタダ)の一環としてずっと発展してきましたからね。そしてスポーツ少年団に見られるように「父兄が地域の子ども達の面倒を見る、自分の趣味や自分の子どもの面倒を見るのと兼ねて好きでやっているだけ」というような感覚があります。野球とか土日祝フルで1日中よくやってると感心します。

人に教えられるようなものを身につけるためにどれだけの時間・努力・費用を使い、どれだけのものを犠牲にしすり減らすのか。そう考えたらお気軽に「安くお願い」なんて言えないですよね。主婦向けのサイトで習い事を「高い」「できるだけ安い所を」とか言いつつ「でもそれなりの指導を」なんて見ると「無理でしょ…あり得ないでしょ…」って思います。そういう人に限って「ちゃんと教えてくれない」とか言うしね。

いつだったかジュニア教室の参加費見てビックリしましたよ。1回あたり200円ですよ、200円!市町村から補助が出ているとはいえ、あまりにもあんまりじゃないでしょうか。200円で3時間教えてもらうって…。

私も他に仕事をバンバン入れて指導員はやめた方が家計は助かるよな〜と思います。でもやっぱり好きだし、今の所は何とかそれでやれているからやっているけどいつまでできるか。若いできる指導員の方がバンバンやめてしまいます。

指導員の方の覚悟も違いますよね。指導員の中には資格を持っていない方、大人になってから自己流でバドミントンを始めてそのまま自己流で教えている方、高齢で今は全くプレーできず一緒にコートに入ったりできないのに続けている方、古い知識のみでやっている方などなど様々です。ほぼボランティアで費用と時間と労力をかけて自己研鑽しようという人、絶対に上手にさせる!と頑張れる方がどれだけいるでしょうか…。

ところで阿部先生ご夫妻は絶対にオリンピックをご夫婦で見に行かれますよ。絶対。

URL | みゃーこ #- | 2013/10/18 10:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/63-b3ef6ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。