10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

合宿二日目。 

朝。
雲の切れ目から太陽射してました。
暑くなりそうな朝です。


昨日の雨に加えて太陽が顔見せればものすごい環境になるでしょう。
それでも体育館。
頑張って欲しいと思ってました。


昨日の娘はトレーニング中に膝の痛みに耐えられず途中休んでいましたが
何とか乗り切ったようです。

今日は韓国のメンバーが合流予定です。
どんなプレー見れるか楽しみにしていました。

それに師匠が次男連れてくる予定です。
韓国メンバーとどんな試合してくれるのでしょうね。。。

天気は不安定。
雨が降ったり止んだりの天気で
体育館の気温は1日目より高かったです。

二日目の合宿は試合練習。
昨晩ヘッドコーチが夜遅くまでかかって対戦表を作っていました。
頭が下がります。
本当にありがとうございました。m(_ _)m


今日から合流する韓国のメンバー。
小中学生10名ほどとコーチが女性一名に男性二名。

いや・・・
選手もそうですがコーチの気の強そうなこと!!



韓国の選手。
しっかりしています。
日本のジュニア選手のように余計はフェイントはほぼ見られません。
堅い純粋なプレーオンリーと言ってよいでしょう。

日本のジュニア選手は大人のするようなフェイントを使う選手よく見かけます。
そしてサイドアウトや当たり損ないをしてチャンス球となったり
サイドアウトやバックアウトをする。
よくない傾向だと思います。

それよりも
 なるべく早くタッチする。
 なるべく高いところでシャトルを捉える。
 面をしっかりと使ってシャトルをコントロールする。
こういったことの方が大事だと思うのですが・・・

なので韓国の選手はサイドアウト、バックアウトが極端に少ない。
どんな球でもバランスを崩さず最後まで諦めない。
試合開始から終わりまで顔色が変わらない
そしてそしてラケットワークの巧みな事!!

ジュニア時代の日本は強いようですが大人になるにつれ追い抜かれる。
それはジュニア時代に基礎技術、基礎体力、精神力などの基礎部分をみっちり訓練している証だと思います。


うちの娘は師匠の考えがあり、私もいろいろと失敗を繰り返す度に都度考え直して
この路線で行っているので間違いでは無かったんだと確信しました。


シャトルの飛距離、スピード、パワー。
それをとりあえず磨けばジュニア時代は勝てます。
でもフォームが汚い=軸がぶれるフォームであったり、
ラケット使わず腕振りであったり、
焦りからミスショット連発したり
怪我が多かったり。。。

でも娘は早くて中学、そしてその後の高校生になったときの為に
タイクツなコツコツ積み上げていく練習を
ポイントをしっかり意識して集中し実施させています。

その小さいことを積み上げていく訓練が精神的、技術的にも非常に重要であり
ジュニア時代の選手にはとても重要な事だと思います。

今の娘は勝てません。
成長の速さによる怪我多い為にリハビリメニューや基礎練習ばかりをしています。
でも今行っている訓練は必ず中学、高校になって花開くはず。
頑張って欲しい。。。


私もE-jrの6年生男子F君とペアを組んで韓国の小学生とダブルスの試合をしました。
結果は負け。
私のミスが多すぎでした。
でもペアのF君は笑顔絶やさず本当に楽しそうに試合しています。
それでOK!!
負け試合でも私の声賭けでF君を盛り上げることが出来、暗い顔をさせなかったのでよしとします!!
試合後もF君に楽しかったねと聞くと「はいっ!」と返事くれました。
F君ありがとう!!


韓国の小学生はスピードがそれほど速いわけではありませんでした。
日本の小学生の方が桁外れに早いショット打ちます。
ですが韓国の選手はコースが良い!!
人のいやなところに打ってきてレシーブを甘くさせてきます。
一発で決めるのではなく3~4回のやりとりあって追い詰めてから決める。
いいプレーだと思います。
コントロールが良い=軸がぶれてないということでしょう。

日本の小学生はスピードショットを持っている為か(?)どうしても決め急ぎます。
必ず決めなければならないチャンス球をネットに引っ掛ける。
もしくはラケット振らずに腕振りになってバックアウト。
良く見る光景ですね。

韓国の小学生はこれが少ない。
自分のコートのいる位置をきちんと把握していて、
その位置情報にあわせた面を作りスマッシュを打ってきているように感じました。
冷静に対処する精神力を持っているのでしょう。

そして試合中に良く話し合ってましたねー。
それも短い時間で。。。
簡潔に要領だけ伝えあっているのでしょう。
全ては試合に勝つため。
二人が意見出し合って「勝つ」という目標に突き進んでいると感じました。



今回の合宿では試合練習後のアドバイスにルールがありました。
アドバイスが欲しいコーチや監督に試合前に申し出なければなりません。
申し出てこてない選手からアドバイスを求められてもコーチや監督達はそれを断る。
なので貪欲な選手でなければアドバイスを受けられないことにもなります。


今回師匠から預かった3名。
もちろん私に申し出てきます。

いや・・・・キンチョー。
でもそうやって集中してみていると練習で師匠が注意しているところが見えてきます。
「今のもうちょっと早くタッチできそう」
「もう少し上で。。。」
「左足もう少し出したほうが楽そう」
「もっと高く。」
「戻りがワンテンポ遅い」
「笑えばいいのに・・・・」

ここ最近は娘は試合に出ていないのですが試合会場へ私は足を運んでいました。
いろんな選手の試合を見て
「この選手にどういうアドバイスをしなければならない?」
という課題を自分でもって見ていました。
そういう経験も今回の合宿では活かすことが出来たかもしれませんね。


嬉しかったのはまったく知らない初めて会った選手数名からアドバイスを求められた事!!
いや・・・
嬉しかったっす!!!

有名クラブのコーチだったりヘッドコーチのように実績高い選手であれば話はわかりますが、
出来立てホヤホヤクラブのコーチで、見た目はただのオッサン。
それに練習中でっかい声で注意したりしているのに・・・

こんな私になぜアドバイスを求めてきたんだろう?
ちょっと不思議。
裏でそのクラブのコーチがそう仕向けた可能性ありますがそれはそれで嬉しいこと。



この日もう一つ嬉しいことがありましたっ!!
娘の事です!

今まで娘はどうしてもすばやい動きや反応ができませんでした。
どんなにカツ入れしても動かない。
本人は動いているつもり、動こうとしているつもりなんでしょうが、
外から見てると「早く動こうという気持ちが見て取れない」というような動きをしてました。

もちろん娘本人の意識は早く反応しようとしているのでしょうが体がサボっている。
体は今まで早く動くことをしたことがないので無意識で体がサボっている。。。
それにプラス膝の成長痛。
その痛みの恐怖心に負けていつCクラスからDクラスに落とされるだろうと覚悟はしてました。


しかし、この日どうも娘のスイッチが入ったようです。
ギアが一段上に上がったような反応の良さがありました。
選手のランク表見ると娘より下に位置されている選手で試合すれば簡単に負けてしまうだろう
選手が沢山いました。
そして今までその予想を裏切らない娘。(泣)

ですがこの日はこの期待を見事裏切ってくれました。
フルセットまでもつれ込みファイナルもシーソーゲーム。
それを見事に勝利したのです。

反応よければインパクト時に良い位置に体がある。
よってしっかりとシャトルを打てる。
打ち込み練習でシャトルを叩く・はじく練習してきたため飛距離も出るし球が走る。
左手意識して軸をブラさぬように練習してきたからコースを狙ってもアウトが少ない。

モロに日ごろの練習成果が出ました。
嬉しいことです。

師匠!!
冗談っぽく仰られていましたが、この成果は指導力のなにものでもないです。

我慢してきてよかった。
諦めずに頑張って来てよかった。
焦らないでよかった。

心からそう思える成長を見せてくれた娘でした。


こうなると親としては欲が出てきます!!
ですがそんな欲は置いておき、今まで通りじっくりと焦らずステップアップしていきます。


師匠の次男君。
韓国1番手の次男君と同級生とギリギリの試合していました。
良い練習できたことでしょう。

他の選手のアドバイスあるため良く見ること出来ませんでしたが
本部席に座っている日本のコーチ陣数名がいっせいにコケてるところが印象深く残ってます。(笑)
あれは笑えた。。。

Posted on 2012/07/18 Wed. 10:39 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 1

18

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/07/20 08:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/6-c65d222a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。