08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

笑顔の練習 

INDYとしては珍しい更新頻度となってしまいました。
みなさん頑張って更新しましょー!

最近気になる事。
もったいない。

経費節減とか言いながら寒いくらいにエアコン効かせた事務所ってどうよ?
経費削減、売上向上、利益確保、無残業。
ちょっと足元見てみたらいかがでしょう?
もったいない。

高卒新社会人。
社会人になって約半年。
髪を染め、化粧をし、車も買って、ネイルに凝る。
真面目に働いてお金を貰い、そのお金でおしゃれをする。
おしゃれは大事ですねぇ~

だけども猫背でがに股で歩く。
それに加え踵を擦りながら歩く。。。
おばぁちゃんのような歩き方。

おじさん目線はウザイんだろうけど。。。
もったいない。
§
§
§

昨年私が代表者として活動していたジュニアクラブ。
でも今年は活動休止状態です。
練習場所がなかなかね。。。

ジュニア指導の場にはもうすこし幅の広い目線で見てほしい。
と思うのは私だけ?
ま、今は私自身が活動できないスケジュールになっちゃってますが。。。(汗)

そのクラブのHPに問い合わせが入りました。
前回の真面目な問い合わせからは一年以上経過しています。

こうして考えるとHPの意味が分からなくなりますが、
私が何か事を実行する時、調べる道具は完全にネットです。
なので、存在の意味はあるのでしょう。

まー休止状態ですがこの地区のクラブ紹介くらいはできますので
とりあえずこのままにしておこうと思います。

でも少し修正しないといけないかな。。。


関東方面から転勤されて来たそうで、
いろいろとお母さんが調べていたそうです。
とりあえずメールでやり取りしました。

ご父兄や本人の意識がどの辺にあるかわかりませんので
まずはゆるいところからご紹介させてもらい、
お母さんがお知り合いから聞いてきたクラブについて
意見を述べさせていただきました。

共働きだそうで送迎には時間かけられず送迎に30分以上かけるのは難しい。
ということですので
そこそこのクラブでよいのではないでしょうか?


一方、8月から私が週二回指導を始めたクラブでも変化がありました。
中三男子が受験の為に辞めました。
何もかも初心者のまま送り出さなきゃいけない。
まぁひと月しか時間ありませんでしたので仕方がないのかなと。

そして昨日。
小学校4年生の女の子が体験入部に来ました。
お母さん曰く「運動が苦手で。。。」だそうです。
「そらーお父さん、お母さんがそうしたんでしょ?」

とはまだ言えませんでした。。。。(笑)


まだまだ言いたいことを言いたいだけ言うのは我慢です。
慎重に慎重に。。。。


二時間指導しましたが、素直な子ではあります。
しかしお母さんの言う通りに体の動かし方が下手な子です。
まぁどちらにしても時間かけて指導していくしかないです。

あと『躾』。
練習中にラケットを跨ぎましたのですぐに注意。

お父さん、お母さんをまたごすと怒られるだろ?
(ちょいと首をひねってましたので、多分注意うけてない)
お父さん、お母さんは君にとって大切な人達でしょ?
そんな大切な人をまたごしてはいけないよ?
(お父さん、お母さんに限らずなんですけどね。。。)

ラケットも同じ!
ラケット無いと君はバドミントンできんだろ?
だったらラケットって大事なものだよね?
そんな大事な物をまたごす事はやめようね?

最初は指導に時間取られます。
練習中ぼーっと先輩達見つめてますから
「ぼーっと見てる暇ないぞぉ~
 何かできることないかぁ~?
 考えてみろぉ~」

少し時間をかけて様子を見ますが
まーーーふつうは気づきません。
この一言で気づいて実行できれば大したもの。

君がノック受ける時シャトルがバラバラだったらノック受けられないぞぉ~
だったら散らばってるシャトルを整えないといけなくないかぁ~?
今できることをしっかり考えてみろよぉ~

ってな感じです。


でもこのクラブの子供達は私の指導に対しての反応が良いです。
注意すべきことは忘れがちなのはしょうがないのですが、
指導者はそれをあきらめずにシツコク伝えていかなければなりません。
辛抱との闘いです。

子供達に対して求めることは多くあります。
まだ指導をしだして一か月だし、
特に私は師匠に指導を教えて頂いてますので
かなり細かい事言います。
なので自然と求めるものもかなり多くなります。

でもこの子達は私の細かい一つ一つの要求に反応して実行しようとします。
今の自分では満足していないという事の裏返しかもしれません。
なので私が「ほめること」が増えます。

褒められれば子供達もうれしいから笑顔になりますね。

良い雰囲気で指導できています。
ですがこの「笑顔」まだまだ先がありますから
本当に気を長く構えて行こうと思います。

Posted on 2013/09/10 Tue. 15:11 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/51-44cb1f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。