06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

豪雨の合宿一日目。 

外は豪雨。
中は湿気の渦。

すごい劣悪な環境です。

この中で合宿とは・・・


しかし試合ともなれば環境が悪かろうがよかろうが対応する力必要です。
それが出来ない、やらせない。
それは甘えで逃げていると言えます。

どんな環境でもその時点でのベストパフォーマンスを出す。
少なくとも出す努力をする選手。

コートで光ります。
今回の合宿。
師匠の大事な選手達を預かりました。

大変光栄な事。
そしてものすごいプレッシャー。

師匠の教え子出来ています。
自分の置かれている状況からすべきことを自分で考え行動します。
そして仲間を助けること怠らない。
素晴しい子達ばかりです。

その中に甘ちゃんの我が娘。
同じように成長してくれるでしょう!!


合宿参加した選手はランク分けされていました。
A~Eの5つのクラス。

お預かりした3名の女子中学生。
三人ともAクラス。
娘はCクラスだがここからどれだけ下がるか?
膝の痛みに負ければまたO-jr合宿の時と同じになる。


1日目は基礎練習。
A~CクラスはGヘッドコーチとフレフレパパさんが指導。
私はW助監督の指示の元Dクラス上位を指導しました。

女子二名に男子三名。
クリアーの練習指示を頂きメンバー交代を随時しながらミス三回するまで打たせました。
人数奇数の為、ちょうど休憩が一人でます。
その一人に注意事項を一つだけ伝え、次入った時それだけを強く意識するよう伝えます。
フレームショットでもネットに引っ掛けてもいい!!
注意すべきことが出来ていれば満点ということですね。

やっぱりDクラスです。
シャトル叩けずに腕振り。
余計な力使い飛距離を稼ぐ意識が強く頭を振ってショットが安定しない。
左手使えず軸がぶれてコントロールが悪い。

まだクリアを主に練習する段階ではないと判断して、
大変生意気だとは思いつつもW助監督にネット打ちに変更させて欲しいと要望。
快くOK頂きました。

何時ものネット打ち。
この基本メニューは本当に大事な事です。
基本中の基本ということでしょう。
選手別にポイントを絞り、そこだけを強く意識するよう指導して実施。

SJBC監督さん所の3年生男子MD。
どうしても面が切れる。
回内運動させすぎで面が不安定の為シャトルが強く叩けていない。
少しの間私がべた付きで指導したが中々直らなかった。
本人まだ幼いようで私の指導内容を聞いているのか聞いていないのか?
ちと掴みどころのない子。
運動神経や反射神経良いので早めに面が切れる癖を無くさないともったいないことになると思います。


DとEクラスは午前中終了食事にはいりA~Cクラスは2対1を点数着けて実施。
この点数が翌日のクラス変更の材料の一つになる。
他にも練習態度やフォームの綺麗さも入っていたようですね。

娘はこの時点で今までどおりの動き。
膝に囚われているのか緩い性格からか何時もの通り反応遅い。
それじゃーDクラス落ちも近いぞ・・・

それに構えているときの悪い癖。
ラケットを開いて構える。(チューリップ!)
何度言ってもなおらんなぁ~
意識弱い証拠。。。
これは娘との根競べですね。。。

二階の観戦席から一番遠いコートにいる娘に指導。
「○○○ぁ~~~~!! ラケット閉じろっ!!!」

観覧席で食事していた皆が私の方へ顔を一斉に向ける程大きな声だったらしい。
(自分では「やるじゃんっ!!俺ぇ~」と思ってます。)

師匠伝説の一つ。
試合会場で一斉に試合が止まる程の大声で指導。
俺もできるかも知れないっす。


午後からはCクラスを受け持ちました。
所属クラブも学年もさまざまで男女12名くらいだったかな?
他に有名どころのE-jrのコーチとSJBC監督さんところのUSコーチと一緒に指導。

なぜか練習メニューは私に任されちゃいました。

ま・・・
いつもやってる練習すればよいので問題ないっす。


最初みんな私の事をしらない子供多く緊張感無くダラケテイマシタ。。。
ほぉ~~~・・・・
俺の前でそういう雰囲気なわけね。。。。
そこで一発カツ入れ!!
久しぶりでしたねぇ~(笑)

そこからは皆緊張感もって練習でき、伝えた重要なポイントを意識できてたように思います。
やれば出来るじゃん。

指導者の責任かなり大きく重要な事だと改めて感じます。
同じ指導内容でも伝え方によっては子供達は実施(理解)してくれません。
分かりやすく指導ポイントに集中できるよう話す必要があり、
そして場合によってはそれをしつこく、しつこく伝える。

そしてまじめそうな子でも最初は出来ていてもノックの最後の方では力を抜く。
そういう所も見逃さないように見張っていました。


やっぱ男だなー。
サボリが入る。
きちんとすれば出来るのにどうしてもきつくなってくると手を抜いちゃいます。
女の子はやっぱりまじめ。。。


いやーーーー。
初心者の指導楽しかったですよーーー。
久しぶりに大声張り上げて指導させてもらいました。

Posted on 2012/07/18 Wed. 09:15 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/5-7f507123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。