04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

GW-その5 

まだゴールデンウィークネタです。
でもこれが最後かと思います。

昨日シングルス練習日。
肘をマッサージしてほぼ痛み無しで練習開始。
力抜けた動き少しだけどもできたように思います。

後はあわてずに真ん中。

単純に素直に・・・

でも2時間ほど練習した時点で肘の重い痛みがではじめました。
なので大事を取って早めに切り上げました。

まだまだかかりそうだな。



合宿終了時間迫り慌てて後片付け。
合宿を主催したクラブのご父兄皆様とコーチの皆様にお礼のお言葉を。
本当にお世話になりました。
子供たち全員大変良い経験させることできました。
心からお礼申し上げます。



話前後します。
二日目の夜。
宿泊しないコーチ、ご父兄も集まり食堂として利用していた研修室は満室。
食事始まり歓談です。

このクラブの合宿では恒例の行事があります。
子供たち一人ひとりお父さん、お母さん、そして指導してくれているコーチ達に
日頃の感謝の言葉をみんなの前で話すというもの。

おーーーー。
これはビデオとらなあかんバイっ!!

グループごとに発表するらしく
小学生女子、小学生男子、そして師匠の教え子達、中学男子、中学女子の順番で発表しました。
こういう場面では日頃どれだけ考えて生活をしているかが出てきますね!!

師匠の教え子達。
こういう時安心。
「師匠の面目つぶすなよぉ~~~~」ってな心配はなかったです。
でも4年生女子と2年生男子の兄弟はまだ師匠の指導を受け始めたばかりなので
この二人は・・・心配でした。
他の子はどんなことを言ってくれるのか?
非常に楽しみにしてました。


私は一番後ろの椅子の上に立って携帯をビデオ代わりにして準備万端。
Yコーチのお話しが終わり各グループ毎の発表。
次々と発表され恥ずかしそうに席に戻っていきます。

師匠の教え子達。
かなり緊張している様子でしたが立派な発表でした。
右にならえの言葉ではなく自分で考えて自分の中から出てきた言葉の数々。
成長していることを実感した時でした。

心配していた4年生女子と2年生男子。
この二人もしっかりしてますっ!!
多分ご父兄の育て方が良いのでしょうね!!!

ビデオ撮ってて良かった。
この動画はDVDにしてこの日の夜の練習時に各ご父兄と師匠に渡しました。

子供たちの発表が終わったあと、Yコーチが最年長のSコーチにご挨拶のお願い。
Sコーチは体に障害を持つ子供たちに対しても活動されているとの事。
その子供たちと比べると君たちはどれだけ幸せなことか。。。
心に沁み渡るお話しを聞かせていただきました。

多分このクラブの各コーチがこの後お話しされるのでしょう。
Sコーチの感動的なお話しの後ってのはハードル高いぞ。。。。





と他人事と思っていたら



Yコーチは次に私をご指名!!!


思わず
  「Sコーチの後っすか!!!ハードル高すぎません?????」
と言ってしまった私。
だけれどもご指名受けたからには何か話をせんといけんです。
子供たちもそれぞれ頑張りました!
私も頑張りましょうっ!!

かなり緊張しました。
でも今までの経験に感謝です。
社会に出てから業務で経験してきたこと。
そして指導者として歩み初めてから勉強してきたこと。
緊張して変な汗だらだら垂らしながら
子供とご父兄達約50名ほどの前でお話しさせていただきました。

せっかくご父兄がいるのであれば子供に対してのメッセージだけでなく、
ご父兄達に対してのメッセージも含んだ話をしよう。
という事で。。。

バドミントンをしている子供の親御さんに限らずですが・・・
自分の子供に対しての愚痴や批評を親御さんの口から耳にします。
これがダメだ、あれができない、親の言う事聞いてくれない
などなど。。。

でもよく考えるとその子はあなた方がお育てになったお子さんです。
親御さんが考えてこの時期にはできて当たり前のことができないとかってのは
親御さんご自身がさせていないんではないですか?

周りの同級生に比べて駄目なところがあるのは親御さんが甘やかしていると
思い当たることありませんか?

親の言う事聞かないのが普通です。
話をする環境を作っていますか?
子供が理解できるような心の状態を準備させるようにしていますか?
感情で話をしてませんか?
要は話す時にいろいろな工夫をしてますか?

親として大人としてしなければならない事ができていない親御さん多いと感じます。
それを棚の上にあげて愚痴るのは無責任ってことにならないでしょうか。

あれがダメだ、これができないなんて言う前に自分を見直してはいかがでしょう?
子供を変えたいと思うのであれば親御さんご自身が変わらないと子供は変わらなくないですか?

今まで育ててきて今の現状です。
今の状態から子供を変えたいのであれば
育ててきた親御さんが変われば子供も変わるのではないでしょうか。
自分の子供の為であれば自分を変える事できるとおもいませんか?

そして子供たちにも少しお話しを。。。


この時期夜は結構冷えます。
海がすぐそこにある宿でしたので話す前はトレーナーだけでは寒くてウォーマーを着ていました。

話終えたとき


汗だく。。。



さて合宿終了。
片づけが終わり最終日に参加した選手達がグラウンドに集合。
Yコーチのお話しあって各クラブの指導者のあいさつし終了。

解散後子供たち達は各クラブの指導者のもとへ集まりアドバイスを求めています。
もちろん私の所へも。。。

他のクラブの子供たちが終わった後、
師匠の教え子達が私の前に整列しはじめました。

「なにしてんの。。。まだ合宿終わりじゃないぞ?
 早く出発して練習行くぞぉ~」

というと

『そうでしたっ!!』

と言う返事。

別々に移動しいつもの体育館へ。
この日の練習は二人の来客。
師匠のお知り合いで私も2年くらい前にお会いした方。
今日はこの方にノックをしてもらい良い練習と刺激になりました。

もう一人はこのクラブのOG。
女子なんだけど少年化が一段と進んでました。(笑)


正直クタクタのはず。
ですが気が張っていて練習がえりの道でも眠くはなりませんでした。

そして翌日は私の試合。
後もう少し頑張りましょうっ!!

Posted on 2013/05/09 Thu. 14:15 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/34-cf1d0f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。