10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

肘痛いな。 

おはようございます。

月曜日は眠いです。
昨日は師匠塾でしたので体がギシギシ言ってます。

水曜日のシングルス練習では
腿が自重を支えきれなくなってましたので
仕事が忙しかった期間の筋力低下は著しいのかもしれないです。

なので子供たちが羽打っている間
私はトレーニングです。

トレーニング途中。
子供たちはオールロング・オールショート。
トレーニングしながら様子を見てました。

高校生女子。
素直で優しく真面目。
でも私と一緒で自分の限界線をしっかり書いている子。
打ってからの戻りが足りなく前に落とされるとバランス崩して
甘いロブかノータッチを繰り返してます。

そこに一言アドバイス。
「俺もなんだけど。。。」と心に思いながら。

キツイけど慣れの部分もある。
慣れればそれが楽になる。
壁を壊してほしいな。

休憩後師匠の指示がなかなか出てこない。
一番先に打ち出したのはOGと小雪。
この辺はさすが小雪です。

それでも動きがない。。。
えーーーーい!!!指示待ち辞めろよっ!!バカちんどもが!!
しょーがねーなー。。。

という事で監督さん所のTにシャトルを持ってこさせて半面シングルス。
すると続々とコート入りだすだなー。

トレーニングしたためにTにやりたい放題された。。。
ちと悔しいがしょうがないですね。
今度とっちめてやるからね。
待ってろよ?
まだてめーには負けたくないぞっ!!


肘の調子が最悪です。
重いもの持てない。。。
痛くって。

昨日も中学生女子のダブルス相手したんですが、
痛みへの恐怖心からシャトルがうまく叩けない。
困ったもんです。

メンテナンスしてたので練習前はそれほど痛みなかったんですが、
シャトル打つとぶり返してきます。
帰宅後アイシングして温冷し、湿布して寝ましたがいかん状態です。
今日明日は安静にして水曜日の練習に備えないといけません。

状態によっては休まないといけないですね。
休むのも練習。


先週水曜日のシングルス練習。
先ほども書きましたが腿がキツイ。
でも逆に考えると腿がきつくなるまでラリーができたということです。
(なのでトレーニングに励んでます)
大体私くらいのレベルでは自滅パターンがほとんど。
いらんこと決めに行ってネットやサイドアウト、バックアウト連発。

終わってみればそれほど息切らしてない。
息切らすほどラリーできていないんですね。

昨日の帰り際、師匠からアドバイス。
自分からラリーを切らない事。
点数取られるのであれば『決められて』取られること。
要は何が何でも相手コートにシャトルを入れろという事です。

頑張ります。

Posted on 2013/04/15 Mon. 11:04 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 4

15

コメント

>>>みゃーこさん 

そうなんですよ。難易度高いです。
酸欠状態で足の筋肉はいう事聞いてくれない。
そういった中で『気持ち』で入れる。
頑張らんといかんです。

まだまだ私の場合は相手が打ったシャトルに対してただ単に打ち返しているだけです。
それだけでも意識しなければならないことがたくさんあり、
それらをこなすだけでも困難です。

これをここに打ったらどうしてくる?
そうか!そう来たかっ!!
小癪な!!

とラリー中に考えることができるようになったら
そらーもぉー楽しくて仕方ないでしょう。


「遅すぎる」ってことはないですよ!みゃーこさん。
今からですよ!今から!!

頭悪いだけならまだいいです。
私の場合はそれに加え筋金入りの根性なしですから。。。
まず「根性なし」の献上が目標ですっ!!

URL | INDY #- | 2013/04/16 09:35 | edit

>>>SJBC監督さんへ 

小雪はイケてます。
でもその思いが強すぎてデメリットが出てこなければいいんですけどね。

私が監督にお願いしなければあの2年生と4年生の二人は
「ただ単に打ち合い」をしていたはずです。

そこは他のメンバーが気づいて何かしらしてほしかったと思ってます。

そういったお兄ちゃん、お姉ちゃんの優しさもあの二人のこれからの成長には
良い影響与えるでしょう。
あの二人が下の年齢の子を対応しなければならなくなったとき
「自分もしてもらったからしなきゃ・・・」ですね。

私たち大人が相手をした場合と
まだ年齢の近い子たちが声をかけてあげて相手をした場合とでは
だいぶあの二人の印象は違うと思います。

自分のしたいことを少しでも抑え、
周りの人に気配りができる。

昨年度のキャプテンはそれができてましたね。
さすがヒナでした。

まだ始まったばかりですので半年後、一年後どう成長してくれるでしょう?
楽しみですね。

URL | INDY #- | 2013/04/16 09:25 | edit

その… 

何が何でも入れるってのがねぇ…(汗)。それがまさに難易度高っ!

無理をしないでラリーをしながらチャンスをうかがう。でも消極的になり後手に回ったり決め手に欠くとやられてしまうから「勝負する」のも必要。
手数を増やすのはもちろん、ラリーの中ゲームの中でターニングポイントとなる1球1場面を逃さないよう、またターニングポイントのレベルを底上げしていく事が必要ですね。

私もバド歴15年を過ぎ、やっと「無理をしない」「ラリーしていく」意味がわかり始めた気がします。「つなぎ球」ってのも言葉通りではなくてゲームを作るための球だってのも。

遅過ぎますよね、自分の頭の悪さにガッカリするこの頃です。

URL | みゃーこ #- | 2013/04/16 08:02 | edit

ありがとうございます♪ 

いつも、ありがとうございます。
巧はINDYさんとシングルスやるのがかなり楽しいみたいです♪
相手のバドに合わせて試合をしてしまう巧…。
自分のバドをするように言っているのですが
自分のスタイルが何なのか分かっていない気がします…。
(_ _。)・・・シュン

自分たちで考える練習、いいですよね。
指示待ちしたって何も始まらない。
こゆきちゃんたちはさすが!って思って見ていました。

私もあのやり方、やってみようかと思いました!
(ΦωΦ)ふふふ…

URL | SJBC監督さん #- | 2013/04/16 07:17 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/24-72d9c310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。