04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

嬉しい成長 

おはようございます。
INDYです。

昨日の事。
午前中ちょこっと仕事の打ち合わせ。
システムの修正をいくつかの内のいくつか(?)を済ませて
今日は練習に行こうかどうしようか迷ってました。

肘の痛みあるし、今日の練習場所はシングルスの練習できんしな。。。。
(ダブルスオンリーの練習)

奥さんと娘の予定を聞いてみると
家にいるの俺だけかよ。。。

それならば・・・

高速で一時間くらいの場所で小中ジュニアの試合やってる。
フェイスブック見るとSJBC監督さんの所が出場してるねー。
おーーーりえさんも行ってらぁ~

ん~
一時間。
遠いなぁー。。。


でも自分の練習行かないんだったら家にいてもゴロゴロ・ダラダラ過ごすの目に見えてます。
どーしよーーーー。

行ってみっかな。。。
行っちゃう?
行っちゃおうか!!
写真もどれほどの事ができるか確認したいし。。。(取って付けたイイワケェ~)

奥さんに伝えると
『好きだねぇ~自分の子供が出てるならいざ知らず。。。』
ここでも私はカメラの言い訳。

ということで行ってきました。
天気いぃ~
ちょっとしたドライブ気分。
でもちょっと気温低め。

今回は自分の趣味とも言えない写真撮影で来てます。イイワケ
なので会場に着きましたがお知り合いの皆様には見つからんようにこっそりと会場入り。
(何故? 単にハズカシー)

SJBC監督さんはコートをうろうろ。
おー!マネージャーがサイドコーチついてらぁ~
クラブ全体で子供たちのバックアップ。

いい環境つくってるなぁ~

まずダブルスをやってるようで、
コートは分かれているようですが中学生と小学生入り乱れて試合してます。

監督さん所のTとUのダブルス。
Uはだいぶ力抜けるようになってますねー。
以前のようにガムシャラ感がすくないように思います。

いい感じだ。

試合を見てると監督さんの所の卒業生。
昨年度のキャプテンが私に気づいて挨拶してくれました!!
指導行き届いてるしそれを子供たちもしっかり実行してます。

んで、ある女の子もすごい笑顔であいさつ。

なんだけど。。。。。



「この女子見た事あんぞ・・・・
 誰だったっけ?
 えーーーーっと・・・・・」



思い出せません。
何年か前監督さんの所を卒業した選手は間違いないんです。
しかも可愛い素敵な笑顔でのあいさつ。

マズイゾ・・・・
オレ、コウイウコトトクイノハズナノニ・・・
脳が退化はじめてる。。。



何試合か観戦してると思いもかけない女子選手が挨拶してくれました。
この選手とはあまり深い付き合いしてないんですよね。
でもこの子も可愛く素敵な満面の笑顔であいさつ!!


実は今回の主役はこのK。


初めて会ったのは6年生の時。
ある合宿で会いました。

K自身はあまりインパクトの強い選手ではありません。
失礼な話ですが。。。
それでもその当時、県ではダブルス・シングルス共に上位に入ります。

初めて会った合宿。
第一印象は「大丈夫かこの子は?」です。


とにかく笑顔なく。。。。


とにかく暗い。。。。



バドミントンやってるのが苦痛なんじゃない?
と思わざるを得ない表情と雰囲気の子でした。


それから数年後。
縁が合ってKのダブルスパートナーであるMのお母さん(指導者です)と私が繋がり持ち、
師匠の塾にMが参加。

一番最初Kも「師匠塾」に参加してたんですが、
あの雰囲気だとこの場所には合わないな。と思わざるを得ません。
K自身が変わろうと思わない限りこの塾は逆に負担になります。
正直今の彼女ではキビシイ。


塾にはその一回きりでしたが今年に入ってからかな?
タイミング忘れましたがポツポツっと参加してるくらい。

申し訳ないがよく覚えてません。。。
やはりインパクト少ない。

ただ、最初のころに比べKの笑顔が増えたのは確か。
さすがは師匠。


直接話をした覚えもなく練習場所での挨拶程度。
直接指導もしたことはない。
暗い印象しかなかったK。


挨拶をくれる前にKの試合を見てました。
やっぱりプレーでも変化は見られない。

ん~。
もったいないな~。


と思っていたところに挨拶。
今までの印象だとこの会場で私を見かけたからといって挨拶するとは思えない。
そこを良い意味で裏切られました。

しかも笑顔。
私の印象完全に裏返しです。


挨拶時にアドバイスをさせてもらいました。
「せっかく塾で教えられた事できてないぞ?
 利き腕と逆の手の使い方!!

 しっかりと強く意識してみなよ!
 これは今のバドミントンではスタンダードだよ?
 高校選抜大会でもほとんどの選手は使ってる。
 つかえてない選手もいるけど上位進出はできてない。

 いいこと、正しいこと教えてもらってんのにもったいないぞ?
 やってみなよ!!」

大体こういうアドバイス送っても聞いてくれる選手はほぼいません。
塾に通い続けている選手は別ですけどね。


だけどここでもKから裏切られました。
次の試合では試合前の一本練習からきちんと、しっかりと使ってます。

かぁ~!!
むちゃくちゃ使えてんじゃんよ!!
むちゃくちゃ素直じゃんよ!!

それから試合終わるたびに私のところに来てくれて
アドバイスをお願いされました。

しかもアドバイスしたことをしっかりと次の試合に生かしてくれてます。
スバラシイ!!
これだけ私のアドバイスを聞いてくれその結果がしっかりとプレーに出してくれる選手は
今までそんなにいません。

嬉しかった。。。
本当にうれしかった。。。。

結果。
決勝も危なげなく勝利
優勝です。

決勝後も来てくれ握手。
おめでとう!!


初めて会ったときはいろいろと思う事あったのでしょう。
葛藤あり、悩みあり、苦しんでいたのでしょうね。

そこから自分自身を考え、
すっかり別人になってます。
頑張ってます。

本人もがんばったんでしょうけど、
その周りのバックアップもよかったのでしょうね。
お母さんとも会場で挨拶しました。
Kのコーチとも挨拶しました。

その方々にしっかり感謝してもっと成長してほしいし成長できる。

私も指導者として喜びをKからもらいました。

楽しみがまた一つ増えた一日でした。

Posted on 2013/04/14 Sun. 09:27 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 6

14

コメント

>>>みゃーこさんへ 

あれ?見つかっちゃってました?
友達申請させてもらおうかなと思ってます。

URL | INDY #- | 2013/04/16 09:26 | edit

やべっ! 

見つかりましたか!公開プロフィールからしても間違いないでしょう。

私も随分前にINDYさん見つけたけど(笑)

URL | みゃーこ #- | 2013/04/16 07:46 | edit

>>>みゃーこさんへ 

そうなんですよ。
一番うれしい瞬間でした。

しかも普段指導しているわけではないのに
私のようなオッサン指導者の言う事を忠実に聞くなんてその子の素直さに感服します。

結局は『基本』なんですね。
『基本』もほんとーーーーーーーーに細かいっ!!
以前「この三か月基本をしっかりと叩き込んだ」と豪語した方いましたが、
基本を三か月で?
どれだけ天才的な指導者なんだ?と思いました。

基本の習得は三か月じゃなくて三年はかかると思ってます。
それでもその先にも細かい修正は出てくるし、
器用な子とそうでない子。
素直な子そうでない子。
目標持ってる子そうでない子。

選手によってその期間もまちまちです。

しかも基本となるとかなり退屈な練習になりがち。
繰り返し、繰り返しですから。。。。
モチベーション保たせる言葉やメニュー考えながらですので大変です。

そうやって試行錯誤、子供たちに我慢させながら指導して結果が出てくるとそれは嬉しい。
指導者も選手も。

ヘタクソでもよい。
素直で元気な明るい選手。

応援したくなる選手に育ってほしいと思います。

追伸。。。
 フェイスブックでみゃーこさん見つけました!
 ベリーショートで手に包帯巻いてる。。。。
 間違いないですよね?

URL | INDY #- | 2013/04/15 09:54 | edit

>>>リコさんへ 

スイッチ入るまでがこちらとしてヤキモキします。
でもその時にどう追い込むか?
やみくもに追い込むと失敗しますね。。。

指導者も試行錯誤。。。
悩みます。

それと・・・
リコさんの距離感は通常ありえんからっ!!
ご自分の距離感『異常』ということ自覚願いますっ!!(笑)

URL | INDY #- | 2013/04/15 09:02 | edit

指導者冥利に尽きますね 

おはようございます。
子ども達の成長を感じる。指導者として一番嬉しい事ではないでしょうか。

私の義父はとある競技の指導歴が長く、週に2回2時間の練習だけで子ども達を何度も全国大会上位に連れて行っているのですが、いつも「基本が大事。素直な子は伸びる。子どもの指導は将来を見る」と言っています。手っ取り早く試合に勝てるような小さいプレーはあまり教えないですし、個人の成長に合わせて課題がクリアできれば勝ち負けにはそれほどうるさくありません。「一生競技を続けるのだから」って。「逃げている子」には厳しいですけどね。

多感なお年頃で反抗期があったり、成長途中で試行錯誤する時期があっても、根が素直な子は一番伸びると思います。例え子どもでも悩みや葛藤から逃げずに自分と向き合える子、バドミントンが心から好きな子ですね。

もちろん、その中で勝っていけたら素晴らしい事です。そういう子は心身が成長するにつれてきっと勝てるようになるでしょう!

URL | みゃーこ #- | 2013/04/15 08:51 | edit

 

おひさしぶりです。
読んでてこちらもなんだかほっこりしました。
子供ってどこでスイッチ入るかわかんないし、どこでスイッチいれるかも・・・
だからこそ楽しいんだと思います。

笑顔が一番、これは絶対に思います。
キラキラ・輝いている子供の瞳は大好きです。
一時間~近い、近い。行ってよかったですよ。
帰りの足取りは軽かったでしょうね~
何事にも感謝ですね。

URL | リコ #- | 2013/04/14 20:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/23-ede8dad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。