08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

いつの間にか1年が 

先週金曜日の所属クラブの練習。

その前にゴッチからちょっとしたアドバイスをもらい、
それを実践しようと意識したり、忘れてたり・・・・(泣)

練習前に体育館内で15分ほどランニングして体を温めて試合練習。
意識することはゴッチからのアドバイスといつもと同じく反応スピード。


翌日筋肉痛になりました。。。


練習量落ちてから早くも半年が経ちましたので、
筋力もスタミナも落ちています。
早く仕事片づけて『あのパターン』に持っていきたいです。
さて。
タイトルの通りいつの間にか1年が経ちました。
昨年の2月22日(ニャンニャンとういことで猫の日だとか????)水曜日の夜。
シングルス練習時に右足を捻って靭帯の部分断裂。

見事に腫れ上がり翌日の奥さん絶句。
捻挫の度合は2度だけれども限りなく3度に近い捻挫と医師の診断でした。
(後で怪我の写真見直してみよっと)

師匠いらしたおかげで初期治療万全。
初めての大きな怪我だったので対処方法を師匠からのアドバイスと
自分なりにできることをしっかりとやりました。

いまだに奥さんからは「呆れるくらいにストイックぅ~」と言われるほど
毎日毎日同じ治療を一日たりとも欠かさず繰り返し。

初期治療とその後の治療のおかげで
通常通り歩けるようになるまでに2~3か月かかるだろうという医師の診断を大きく覆し、
1か月で『練習』に復帰。
(自慢です)

復帰直後に白兎さんの所の合宿でシングルスの試合を10数試合。
自分でも呆れるくらいに阿呆な男です。

それからはずっと左右のサポータをして練習。
このサポーターもなかなか塩梅よく着けるのにテクニックがいるんです。
締めすぎてもダメ。
ゆるすぎてももちろんダメ。
経験だなぁ~勉強だなぁ~

最近は足首の事全く気にせずにプレーできてます。

後は落ちた筋力やスタミナを取り戻して全日本シニア出場に向けて頑張ろうと思います。


もう年度末です。
昨年は捻挫という大きな怪我。
このブログを開始するきっかけになったジュニアクラブを辞めて
新しいクラブの創立。
新しい団体の活動に参加。
母校のOB・OG会発足。

なんだか忙しかったし、この2年いろんな経験させてもらいました。
自分の信じた道を貫く。
でも反省する。
怒られて修正する。
修正したらそれがまた違って訂正し、
新しいものを『創る』。

指導のモチベーション上がったり下がったり。
自分のプレーも同じく。

子供のころヘタレだった自分に対しての『後悔』が
良い経験になって今も心折らずに諦めずに続けることができてます。
(モウチョイハヤケリャナァーーーー)

家族の支え大きい。
懇意にしていただいている指導者の皆様にも支えられてます。
そして師匠や他近隣クラブの選手達やそのご父兄達。

練習や試合で成長した子供たちの姿を見る。
これがかなりモチベーションアップします。

選手やご父兄達の話を聞き、それに対し私自身も悩んで提案したり。
子供にとって何が大切なんだろう?
そして私はその子供たちに何ができるんだろう?

探して迷って試して話して怒られて・・・・
自分で言うのもなんですが監督辞任したクラブにいたときより大きく成長してると思います。

まだまだ悩む事あり、心折れそうにもなるでしょうが
みなさんがいてくれるので歩くことができますね。


他県のご父兄ともたくさん会い、相談も受けました。
どういう風にご父兄に伝え
子供たちを導けるのか?
悩むこと多いです。

でもその『悩み』があり『答え』を出す事が私の成長を大きく支えてくれます。
ありがたい事。

このブログを通していろんなバドミントン環境があること知りました。
その場所、その場所でまた違った悩みがあります。

話すことにより解決できる事。
もやもやしていることを吐き出すことによってよりよい答えを見つけられる。
私もそうですしみなさんもそうなのでしょう?

暗闇の中というものは必ずあります。
どうしていいのかわからない、
この信じた道は正しいはずなのに。。。。

悩み、進む道見つからない場合は誰かに吐き出してみるといいですよ?

私は師匠に吐き出しました。
そしてしっかりと自分の道を信じ続けることができたし、
今も正しい決断だったと自信を持っています。

来月には私は47歳。
もう50です。。。。(悲)
アラフォーではなくなりアラフィフだぁ~


>>>追記<<<
怪我した時の写真を見直しました。
よーー腫れてますね。。。。(笑)

Posted on 2013/02/26 Tue. 14:07 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 4

26

コメント

Re: タイトルなし 

歳の差感じない?

それはですね、
私が若いからですっ!(笑)

お互いまだまだですね!
頑張りましょう!!

応援してもらえるのは本当にうれしいです。
支えてもらえました。

私も心から応援していますっ!!

URL | INDY #- | 2013/02/26 23:39 | edit

>>>WoodMoonさんへ 

ほんとに早いです。

あの時の私は恥ずかしいという気持ちはどっかいってました~(笑)

スポーツやってれば。。。
それも上を目指すように頑張っていれば怪我はつきものです。
そりゃー怪我しないのが一番ですけどね。

でもしちゃったもんはしょうがないので、
練習一生懸命する変わりに治療を一生懸命する。
本当に良い経験になりました。

『一生勉強』とはよく聞きますが、
本当にその通りです。

まだまだ若輩者で、一生そうなのかもしれないですね。
そのことを忘れずにいれば『よい人生だった』と言えて
この世から去ることができるのかもしれません。

私も自分の言う事は「自分に言い聞かせる」という事多いです。
誰しもそうなのでしょう。

でも自分もそうだった、だからこうして克服したんだ。
そのことも子供たちには伝えていきたいです。
後は子供たちがどう捉え、実行するのかしないのか?
子供が選ぶことなのでしょう。

その選ぶことに少しでも良い方向を選ぶように導くのが大人の一つの役割なのですね。

血気盛んな若者はよく自分ひとりで生きていると言う人もいますが、
思い上がりで視野が狭いと思います。

人に頼りにされるのは本当に嬉しく思います。
そしてまた頼ってもらえるよう、支えられるように謙虚に生きていく。
それが『人』としての成長になるのでしょう。

まだまだ私もWoodMoonさんに頼りますっ!!
頑張って精進してくださいっ!!(笑)

URL | INDY #- | 2013/02/26 23:36 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/02/26 22:05 | edit

 

早いですねぇ

いまでも あの声は忘れません(笑)
しかし しっかりやられた事で
いまは 普通に出来るようになりましたね。
これからもケア忘れずに!

50を手前にして こんなにも考える事が
あるとは思ってもみなかったです、、、
同じでしょう。
私がいま思う事は 子供達やifさんに
言っている事を自分はどうなんだ、、、
です。
しかしそうやって 子供達やifさん・
他の勉強に来られてる指導者の方々に
成長させてもらってる という事ですね。

私も いまではしっかりifさんに
相談してますし 非常に 助けられています。
まだまだ指導者辞められないように
なってきていますし 今後とも
よろしくお願いします。
ありがとうございます
m(_ _)m

URL | wood moon #- | 2013/02/26 17:13 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jrbadminton.blog77.fc2.com/tb.php/18-959c9379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。