09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ジュニアでスパーリング 

合宿後、体の疲れが残った状態。

知り合いのAジュニアクラブへお邪魔してきました。

中体連前ということで中学生だけの練習との事。

行ってみると以前からよく知っていたAY君がコーチとして来ていました。
こいつ・・・いろんなところにおるぞ。(笑)

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

そのジュニアの中学生トップダブルスとの対戦。
AY君と私がペア。

トップダブルスだけど。
弱いぞ。。。(汗)

その後2番目の中学男子とシングルス。
21-17(だったと思う)で勝ち。
ちょっとやばかったね。
俺のミスが多かった・・・(汗)


トップシングルスとの対戦。
21-19(これもだったと思う)で勝ち。
まぁ・・・
あんまり怖くは無かったな。。。


その後にAY君が相手してくれることになり対戦。
27歳A級。
この前の所属クラブH君よりもAY君の方が強い。

序盤は有利に運んでいったけど
そこはさすがにA級。
追いつかれてシーソーゲームへ。

この対戦は自分が今感じている疑問
(きっかけをつかんだのかただの調子よさか)
を大きく決定付けるのに近い対戦となったんです。

強く意識していたのは前と変わらず。
置きにいかずに向かっていく。
怖がらずにしっかりと相手の玉に集中し
反応の速さを強く考える。

そーするとAY君の打つ球が怖くない。
その日のAY君はスマッシュがことごとくアウトになったので
助かったのは助かった。

でも何球かはレシーブしてネットを越すこともできたし、
何よりも『楽しい』プレーができてました。

思い切ったショットも決まり、
延長へもつれ込みました。

体力的にはきついんだけど楽しい!
プレーを楽しんでいる文字通り「ゲーム」ができていました。

結果は30-28で負け。

いやいや・・・・
いいんでない?
何よりもラリーが長く続けることができたし、
ラリー途中で余裕を持って打つ球が多かった。

ということは反応が良かったということで、
反応が早かったということは
構えているときに良い感じで力が抜けていたという事。


プレー途中にAY君がコート後ろで見ているOBに
「強くなってる」と言っていたことが嬉しかったです。


それでも・・・
AY君とは5年以上前に対戦したっきり。
油断もあったはずだし、油断したら体の動きは悪くなります。
善戦できたのはそのせいかも知れません。

まだ、自分のやってきたことの成果が出てきたと
どうしても思えない。
だけど『きっかけ』をつかんだという可能性は強くなったのかな?
と思いました。

「思い違いだった・・・」
こうなるとへこんでなかなか立ち直れなくなる。
そうなるのが本当に怖い。
心から怖い。

そこから這い上がるのが億劫だし
メンドクサイ。

だから判断は慎重にしないといけないです。

Posted on 2016/07/19 Tue. 13:37 [edit]

category: 自分の事

TB: --    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。