05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

バドミントンジュニア指導記

ジュニアバドミントンの指導の場を人間形成として活動し、喜び、発見、苦悩、ジュニア指導の奥深さを綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

継続力 

歴史。

今読んでいる本が歴史物。
それと昨日新しい歴史を感じる事がありました。

先月京都へ行ってきました。
本家本筋の方と初めてお会いし
造酢蔵を継いだ方の手記らしきものがあるという事で
私にもいただけないかお願いをしていましたが
昨日メールにていただきました。

なんだか目がランランに輝いているINDYです。
§
§
§

資料を見てみると文章がほぼ漢字
この年になって漢文の勉強せなアカンです。

中身には 「弘化元年四月蔵小屋新築」とか?

「造酢仲間
  壷 屋 八右衛門
  大黒屋 九兵衛」
とか?

名前が「はちえもん」「きゅうべえ」ですよ?
すごい歴史を感じる文字が並んでいます。

「弘化」ってわかります?
年号で1844年12月2日~1848年2月27日の年号だそうだ。

もっと古い年号も出ていて「寛政」とか。。。
寛政は1789年1月25日~1801年2月4日まで。

弘化は今から169年前。
寛政は224年前。

すっげぇ・・・・・


多分晩年でしょうがこんな写真も資料の中にありました。
本家の自宅件仕事場なのでしょう。
20131118_01.jpg



何をしているところかはさっぱりなんですが、
どうもこの建物はとても立派な建築物だったらしいです。

資料の中に昭和5年8月29日にとある新聞社がこの建物の記事を掲載していて、
「寸分の隙もない〇〇(私の姓です)家」という小題。
「上り框の所に並んで立ってゐる大黒柱二本は
 むかし〇〇寺の境内にあつた有名な檜を使った・・・・」
だそうだ。。。。

そしてその新聞記事の切り抜きの台紙部分に
「ス存現迄春年八和昭」
(訳:昭和8年春まで現存した。)
と原文は右から左に書かれているメモ書き。

なんだか・・・・
別世界です。

多分私のオヤジはこの建物で過ごしたことがあるんだと思います。
この建物の奥には大きな木樽とかがあったんでしょう。

ちょいと私の実家にある古い写真を探してみると
もっと興味深い写真があるかもしれないですね。


いやーーー
何とも言えない空気が流れています。。。


感動です。



昨日の師匠塾。
県外から参加のあった合同練習でした。

6面の体育館に約40名近い(?)小中学生の子供達が集まり
師匠塾としては大変珍しい師匠主催の合同練習です。

師匠とお知り合いになって丸4年になりますが
師匠主催ってのは初めてのことですね。


14時にみんなを集め予定を伝え、14時10分から17時まで団体戦形式の試合。
それからみっちりとトレーニングのフルコース。
県外組は20時までということで残りの時間を師匠が直々に練習を指導。

あちらさんの監督に嫌味の一言!!
こいつは当たり前!!

気を使って遠回しに話すよりもストレートに伝えるっ!!
伝えたいことが伝わるし、受け取る方はそれを素直に自分の中へ入れる。
これが指導を受けている子供達にも良い。

私も何度となく言われました。
私だけでなく家内もです。
そういう言葉から目をそらさずに師匠に向かって歩いて来た2年間です。

良かったか?悪かったか?
娘の成長がその答えを伝えてくれています!!
感謝という言葉しか浮かびません。


後は監督さんと子供達が考えてどう歩んでいくかです。
解らなければまた教えてもらえば良い。
怒鳴られようが何言われようが抱えている子供達の為と考えればそんなに苦ではありません。

というか苦ではありませんでした。(笑)


監督・コーチ・選手達。
これからの成長を楽しみにしています!!


県外から来たチームは小学校6年生から中学2年生まで全員が女子。
トレーニングメニューをすると基礎体力の差は一目瞭然でした。

腰を落とせ無い。
姿勢が悪い。
進みが遅い。

基本体力と体幹が無い証拠ですね。
小学四年生女子のカリンよりも劣っています。


私の教え子二人もそうですが
ユキやユカの足と比べると全く別競技をしていると思うほどに違います。

毎回3時間の練習で終わりの30分だけしかラケットを握らない期間が
2か月くらいでしょうか?続きます。
この筋肉の付き方、トレーニングの実施が怪我の無い選手を育てます。


娘もこのトレーニングのおかげでしっかりと筋肉が付いて怪我はゼロになってます。

バドミントンを続けるにしても、続けないで他の競技をするとしても
このトレーニングは決して無駄ではないです。

もしバドミントンを続けるとしても中学と高校では練習量が全く違ってきます。
中学時にしっかりとトレーニングをしていれば
怪我をする確率が少ない身体で高校へ進学できるという事になります。

怪我をしたとしてもトレーニングをしていない身体と比べると
怪我の度合は小さいはずです。


前回来た4人の女子からある程度話は聞いていたのでしょう。
コーチによるとその四人の変化をまわりのメンバーが気にしていたとの事。
選手同士で教え合う場面もあったとか?


参加した10名全員真剣な目で私たちのアドバイスに耳を傾けます。
意識変わりそれを継続できれば自分の変化を自覚できるようになるでしょう。
自覚できればまた次の努力へとつながります。

笑顔で明るく地道な努力を続けていくこと。
大人になってから死ぬまで継続していく必要のある事ですね。


14時~22時まで8時間。
子供達には長時間でキツイ合同練習だったはず。
なので私も座る事はしませんでした。

途中の休憩の一服するときに少し。
子供達が水分補給をするときに少し。

ほぼ立ちっぱなし。

私も頑張りました!!
そして腰にも来ました。。。。(泣)
タダの意地っ張りです。


話変わり全日本シニア。
ベスト8、ベスト16、ベスト32。。。

あの方でベスト32?

という結果でもあります。


ベスト8とはすごい。。。。。


はぁ~

道は長いなぁと思います。
地道な努力。。。
継続していかないとですね!

Posted on 2013/11/18 Mon. 14:46 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 4

18

コメント

Re: ありがとうございました 

お疲れ様でした!!
辛かったのだろうとお察しします。
熱く指導されている方なのでなおさらでしょう。


私も最初塾を見たときや塾長・塾生を知った時は「すごい」という感想を持ちました。

そしてその「すごい」がまた『奥が深く』『緻密』なのです。
なので1度や2度ではわからない部分が多いんですよ。。。
私は塾生となって早くも二年が過ぎましたが
まだまだ理解できていない部分が多くあります。

塾長のマネだけでなく自分が考えていきついた指導とは?

古く良い物もあり、新しく採用しなければならないこともある。
バドミントン自体も日々進化しているし
子供達を育てているご父兄の生き方もその時代で変わります。

かなり難しく悩み彷徨う事です。


他人様のお子様をお預かりして成長をさせるという覚悟。。。
それを持った私たち指導者は指導を辞めるまでそれを続けることになります。


私の6倍の年月の間指導を続けている塾長でさえ
今もそのことを考えて頭を悩ませていらっしゃるんです。

そのバドミントンに対する探究心。
子供を成長させるという熱意。
厚く高い壁を何度も乗り越えてきた忍耐力。
そしてそれらを長い間継続してきた継続力。

真似をしようにも真似できるものではありません。

師匠と弟子の関係はいつまでもその関係が続くのでしょうね。


頑張りましょうっ!!
塾長に負けるわけにはいきませんよっ!!

塾長に認めさせてやろうではありませんかっ!!!

URL | INDY #- | 2013/11/19 16:27 | edit

ありがとうございました 

想像以上でした。
正直悔しいです。

連れていったメンバー、実力はまだまだですがこれまでで一番教え甲斐あります。コーチ他皆さんのお蔭です。

試合負けたり、トレーニングついていけない悔しい思いさせて、悔しかったです。
負けずに頑張って行こうと思います。
昨日はたくさんの指導ありがとうございました。
結果を出して恩返しします

URL | hirock #H6hNXAII | 2013/11/18 22:32 | edit

Re: 座りました。 

私も立ちっぱなは苦手です。
昔から・・・


コチラこそお会いできて楽しかったです。
あまりお話しする時間は取れませんでしたが
また機会を作りましょう!

その時は塾長も一緒にっ!!


私も初めて来た時には震えました。
なんといっても子供達が笑顔で練習している事。
塾長があれだけ厳しい事言うのに。

CDを聞くのとライブに行くのが全く違うのと同じですね!!
現場は厳しく・楽しくっ!!

塾の時間は非常に短く感じますよっ!!!

また、宜しくお願いしますっ!!

URL | INDY #- | 2013/11/18 16:11 | edit

座りました。 

最近、立ちっぱなしが きつくなってきました。トホホ


昨日は 大変お世話になりました。
良い経験できました。
あの空気は 現場に居ないと伝わりませんからね。

ありがとうございました。



URL | ほんだ #Ioxot/fI | 2013/11/18 16:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。